中間テストわず

今日、大学で中間テストがありました。
将来プログラマを目指している私にとって今回のテストはひとつの分岐点になる中間テストで、今回の結果が私の将来を左右するといっても過言ではないものでした。
そのため、今回の中間テストは絶対に失敗できない重要なテストでした。

もともとプログラミング系は苦手意識がなく、いわゆるアレルギー反応みたいなものとは無縁で、どちらかといえば同じ講義を受けているクラスメイトの心配とテスト勉強を手伝っていました。
今回は教科書持ち込みOKのテストだったのでクラスメイトの教科書に重要事項をひたすら書き写してその子の健闘を祈っていました。

いざテスト用紙が配られテスト用紙に目をやると…
問題数は少なく拍子抜けするような感じでした。
とりあえず解き始めたものの、あっさり解き終わってしまいました。
また、テスト用紙が2枚配られたので2枚とも解いてみたのですが、どう考えても2枚とも全く同じ問題なのです。

こうなるとあえて疑ってしまう自分がいて2枚のテスト用紙の違いを探しながら時間を潰していたのですが、間違いが見当たらず結局挫折してしまいました。
そして、テストが終わりテスト用紙を回収するときに試験官の先生に言われた一言が「同じ問題を2枚配ってた。ゴメンね?」でした。
「だと思いました(笑)」と返すと「もっと早く気づいてよ(笑)プンプン」とぶりっ子ような返答をされてしまいました。
結局そのテストは1枚ボツにしなければならなかったのですが、2枚とも全く同じ答案だったので自分に近い方をボツにして提出しました。

結果がわかるのは来週以降という話ですが、将来に影響するテストなのでいい結果であればありがたいです。
自己採点では大丈夫なのであまり心配はしていませんが。

0 comments